ミニマリスト

湯シャンに向かなかった

 

「湯シャン」

良いって聞きますよね。

 

何回かやってみようとは思いましたが、

やはりぼくは向いていませんでした。

 

体質や生活習慣、仕事柄等によって

向き不向きがあるようです。

 

今回は、

湯シャンについて調べてみました。

 

参考

 

 

そもそも、湯シャンとはなにか。

 

簡単に言うと、

「お湯で髪を洗髪すること」です。

シャンプー、トリートメント等は

一切使いません。

 

 

やり方は、

①事前にブラシ等で髪に付着したホコリ、汚れをとり、髪をとかす

②指の腹で頭皮をマッサージするように、40℃以下のぬるま湯で3〜5分ほど全体を洗い流す

③髪をタオルで挟むようにして水分をとり、ドライヤーで温風と冷風で交互に乾かす

となります。

 

 

まず先に水を当てる前に、

ブラシで髪の汚れをとり、とかします。

 

これをすることによって、

湯シャンをするときに

頭皮の汚れが落ちやすくなります。

 

また、とかしておくことで

髪が洗いやすくなりますね。

 

 

洗髪時は、

温度は41℃以上のお湯を当てると

頭皮への負担が強いため、

温度は40℃以下にしましょう。

 

爪を立てたりガシガシ洗ってしまうと

頭皮にダメージを与えるため、

指の腹で優しくマッサージします。

 

 

終わったあとも

髪はタオルでガシガシ拭かず、

タオルで挟むようにして吸水させます。

 

また、髪を生乾きさせると、

菌が繁殖したり、髪が傷みやすくなるため、

しっかりとドライヤーで乾かします。

 

 

今までシャンプーを使用していたために、

湯シャンを始めて間もない頃は

皮脂が過剰分泌し、

髪がいつも以上にベタベタします。

 

でも続けていくと、

頭皮が皮脂をコントロールするようになり、

過剰分泌は徐々になくなっていきます。

 

続けることが大事なんですね。

 

 

そもそも、

「お湯だけで汚れは本当に落ちるのか」

という問題ですが、

 

実はシャンプーを使用しなくても、

水のみで不要な皮脂を落とすという

十分な洗浄ができます。

驚きですね!

 

ただ、上でもあげたように、

40度以上では頭皮に負担がかかるので、

39度以下のぬるま湯で行うべきです。

 

温度が高くなるほど洗浄力は上昇し、

40度を超えるとシャンプーを使用した時と

同じくらいの強さになるようなのですが、

負担のことを考えて、

必要以上に温度を上げるのは避けましょう。

 

f:id:sugisakisanpass:20180731164152j:image

 

では本題。

なぜぼくが湯シャンに向かないか。

 

それは体質的に元々、

「脂がよく出る」タイプだからです。

 

夜、仕事が終わって

帰宅した後に風呂に入ったとしても、

寝ると翌朝にはおでこの皮脂がすごく、

髪がベッタリしてます。

高校生くらいからかなあ…

その理由で、ぼくは朝シャン派なんですね。

 

仕事柄大汗をかくわけでもないので、

臭いや汚れが酷い時以外は

基本的に夜はお風呂に入りません。

毎朝、どんなに時間がなくても

シャワーを浴びます。

 

 

湯シャンが向かない人は一定数います。

 

①皮脂の分泌が多量

②整髪料を頻繁に使用する

③頭皮が汗や汚れに多く触れる

 

という人です。

 

たまにぼくは整髪料を使う時があるので、

そうすると3つともアウトですね。

挑戦してみたかったですが、

向いていませんでした。

 

参考

 

 

上の向いてない人に当てはまらない方は、

ぜひ試してみてくださいね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です