雑記

革靴の磨き方 (Dr. Martens & JALAN SRIWIJAYA)

とりあえず読む記事

1.ミニマリストになって人生変わった
2.とりあえず、モノ100コ捨ててみた
3.モノを捨てる過激な10のコツ
4.身体をミニマルに -「糖質制限」のすゝめ

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

2ヶ月ぶりくらいに

仕事で履いている革靴を

磨いていきます。

 

お待たせ君たち…

ごめんな、ほったらかしにして…

 

 

磨く2足の靴

 

ぼくが持っている革靴は

この2足だけです。

 

1、Dr. Martens

f:id:sugisakisanpass:20180824233533j:image

全身を真っ黒にしたマーチン。

大好きな靴です。

これぞミニマリストにふさわしい。

見てみると、

f:id:sugisakisanpass:20180824233543j:image

ブラシで落とさない白い汚れと、

 

f:id:sugisakisanpass:20180824233552j:image

ヒビ割れ予備軍…!

これはヤバイ。

 

実はこのマーチンのモデルは

買うのが2足目なんですが、

1足目はほったらかしによる

ヒビ割れの悪化で無念。

ほんとに惜しいミスでした。

 

これを機に靴磨きを勉強したと言っても

過言では無いです。

 

2、JALAN SRIWIJAYA

f:id:sugisakisanpass:20180824234147j:image

ジャランスリワヤです。

人生で初めて買った、高い靴。

革靴オススメのブログや動画で

必ず名を連ねるコスパ最強の靴です。

 

ソールがコンクリートみたいに硬くて

カチカチとうるさく

しばらく履かない時期がありましたが、

ゴム底ソールを靴修理屋で付けてもらい復活。

今では大好きな靴です。

 

気になった点は、

f:id:sugisakisanpass:20180824234154j:image

やはり先端に汚れ。てか汚ねえ。

 

f:id:sugisakisanpass:20180824234202j:image

擦り傷…?!

削れて白くなってます。

凹むなあ…(2つの意味で)

 

早々に靴磨きしていきましょう。

 

 

いざ、靴磨き

 

今回使う道具

f:id:sugisakisanpass:20180824234837j:image

左から

・ホーキンス レザークリーナー

ペネトレイトブラシ

・クレム1925 レザークリーム

・豚毛ブラシ

・タオル(使わなくなった物でOK)

 

①ヒモを外す

面倒ですが、外しましょう。

外すことで全体を丁寧に磨くことが出来ます。

 

②シューツリーを入れる

f:id:sugisakisanpass:20180824235809j:image

シューツリーを中に入れ、

革のシワを伸ばしていきます。

 

ぼくは家に帰ったら、

消臭→1晩置いとく→シューツリー入れる

という流れで、

家では基本ずっと入れてままにしています。

 

シューツリーは革のシワを伸ばすだけでなく、

靴に残った湿気を取り除いてくれます。

 

これをするだけで靴の寿命が格段に変わるので
必ずするべきですね。

 

③馬毛ブラシでホコリを落とす

f:id:sugisakisanpass:20180824235124j:image

あ、ごめんなさい、道具一覧に無かった。

馬毛ブラシも使います。

 

ブラシは主に馬毛と豚毛がありますが、

今回使う馬毛ブラシは細くて柔らかい為、

細かいところにまで届き、

チリやホコリを取り除くことに適しています。

 

ちなみに靴の油分はホコリに移ってしまう為、

普段は履いた靴は家に帰ったら

軽くでいいので毎回磨いて、

ホコリを落としてあげて下さい。

 

レザークリーナーで汚れを落とす

f:id:sugisakisanpass:20180825002014j:image

レザークリーナーやステインリムーバーなどで

靴の汚れや残ったクリームを落とし

すっぴんの状態にします。

 

以前の断捨離企画でタオルが余ったので、

今回はそれを使用します。

 

⑤クリームを塗布する

f:id:sugisakisanpass:20180825002533j:image

クレム1925のクリームを

ペネトレイトブラシ(小さい豚毛ブラシ)で

全体に塗布します。

革に栄養を与えるイメージです。

 

ただ、たくさんつければ良い訳でもなく、

米粒2〜3粒くらいの量で大丈夫です。

ブラシで奥に染み込ませるように磨きます。

 

⑥豚毛ブラシでクリームを伸ばす

f:id:sugisakisanpass:20180825002756j:image

適度なクリームが浸透するように

豚毛ブラシで磨いていきます。

 

先ほどの馬毛ブラシと違って

豚毛ブラシは硬い毛なので、

クリームを伸ばすのに適しています。

 

⑦布で磨く

f:id:sugisakisanpass:20180825003017j:image

ブラッシング後に布で磨くことで、

・余分なクリームを拭き取る

・表面のツヤ出し

の効果があります。

 

クリームが付きすぎていると

ベタベタして布が引っかかってしまう為、

付けすぎないように気をつけます。

 

これで仕上げになるので、

丁寧に磨いていきます。

 

⑧完成!

2足とも同時並行で行いました。

時間は30分くらいだと思います。

とにかく暑い…!

 

マーチン

f:id:sugisakisanpass:20180825003320j:image f:id:sugisakisanpass:20180825003324j:image

汚れが落ちて、光沢が出ています。

モノトーンな印象が復活しました。

 

ジャランスリワヤ

f:id:sugisakisanpass:20180825003528j:image f:id:sugisakisanpass:20180825003532j:image

白い跡や擦り傷が無くなっています。

傷は残っているでしょうが、

クリームで補修できた形となります。

カッコよさを取り戻しました。

 

疲れた!!

 

 

最後に

 

実際にはこの後、靴のつま先を輝かせる為に

鏡面磨き」をするのですが、

ぼくは苦手なのでやりません。

本当はやりたいんだけどね…

 

靴磨きが好きで好きで

靴に命を懸けているという方は

みなさん必ず最後までやってると思います。

 

ぜひYouTubeでその様子を観てみて下さい。

革靴が輝いていてカッコいいですよ。

 

 

参考動画

 

解説付き ドクターマーチンの磨き方

 

解説無し 淡々と観ていたい方向け

 

ぼくが参考にしている

奥野さんの動画です。

 

「靴磨き芸人」の名でやるだけあって、

靴磨きに関する多くの動画を挙げてるので、

興味がある方は観てみて下さい。

 

 

 

 【ブログ村に参加しています!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です