糖質制限

【合法】糖質制限中の「チートデイ」の幸せをお届けする【至福の時間】

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

飯うめえ!!!!!

f:id:sugisakisanpass:20180819220106j:image

昨夜です。

キレイな写真で無くてすみません。

1秒でも早く食べたかったんです。

 

ぼくは糖質制限で

1ヶ月‐7kg、

3ヶ月-12kgに成功しています。

関連記事:身体をミニマルに-糖質制限-

 

そんなぼくでも

こんなに食べています。

自暴自棄になったわけではありません。

計画犯罪です。

 

これはチートデイというもので、

あえて量を食べるようにする

ダイエット方法なのです。

 

今回はそんな

チートデイについて

説明していきます。

 


チートデイとは?糖質が摂れる幸せ

 

 

チートデイとはダイエット中の停滞期を解消するため「いっぱい食べる日」をつくることです。

チートは英語の”cheat=ダマす”という意味で、

一時的に大量のカロリーを摂って脳に食事制限をしていないとダマし、代謝を上げさせて停滞期を乗り切ろうとするテクニックです。

 

引用:Girls-Diet-mix

 

 

減量中のボディビルダーの方も

よくやっている手法です。

ほんと美味しそう。

 

つまり、

糖質制限をしているぼくにとっては

糖質を好きなだけ食べても良いという

夢のような時間なのです!

 

チートデイに久々の糖質摂取で幸せに!

 

そしてこのメニューである。

  • ニチレイ本格炒め炒飯 1袋
  • 甘ダレ付き唐揚げ 1袋(300g)
  • 粒あん大福 5個
  • ほろよい コーラサワー

 

ニチレイの炒飯うまいよね。

急に食べたくなった。

でほろよいで美味しいジュース代わりに。

甘い唐揚げと、大福まで頂きます。

 

もう無理!!

お腹いっぱい!!!

苦しい!!!

 

小豆島旅行以来の幸せな糖質摂取(チートデイ)

 

2週間前に行った小豆島旅行以来の

意図的な糖質摂取でした。

関連記事:小豆島をたった半日で

 

f:id:sugisakisanpass:20180819230435j:image f:id:sugisakisanpass:20180819230439j:image

記事の投稿日とは前後しますが、

まあ大体2週間前です。

こんなの食べてたんですねえ…

 

実は小豆島行った翌日に

体重を測ったら、

4kgも太ってました!

 

四国旅行の分もありますが、

これでしばらくは抑えようと

決心したのでした…

 

ただ、

もう2週間だしいいでしょ!

という軽い気持ちで迎えた今夜。

 

もう食えねえ!

 

胃が確実に小さくなってます。

 

学生時代は東京の神保町という

ラーメンの激戦区にあって、

暇さえあれば

よくラーメンを喰らう日々でしたが、

 

おそらくあれはもう無理でしょう…

 

チートデイの糖質で小さな幸せが大きく感じる

 

糖質制限を始めて気づいたのですが、

毎日美味しいもの食べてたら

ここまで幸せには感じませんよね。

たまに食べるから、美味しい。

 

最近は1日1食生活を試していますが、

夜ご飯がマジで美味しい。

 

1週間に1回のチートデイ。

次はカレーかな?カツ丼かな?

待ち遠しくなる幸せ。

 

半年前までは考えられませんでした。

 

これも、

ミニマリストの思考

そのものだと思います。

 

何も無い中で際立つから、良い。

 

これからも

教訓にしていこうと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です