ミニマリスト

「エッセンシャル思考」の素晴らしさを伝えたい【最強のミニマリスト本】

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

エッセンシャル思考を読みました。

ぼくはこの本を

「ストレスを軽減させる最短な方法」

として脳にインプットしました。

 

ミニマリスト思想が強く

無駄を排除する生き方として評判のため、

その中身を一部ピックアップして

書評していきます。

 


目次

方向を見失うのは、選択肢が多すぎるから(決断疲れ)-p33

 

仕事をしていると、

途中で上司に仕事を依頼されたり、

急用が飛び込んできたり、

やむを得ない事情が舞い込んできたりして、

今の仕事に

集中出来なくなることがあります。

 

選択肢が1つ増えるだけで、

今自分は何をすれば良いか、

どちらが優先かを

決断しなければいけないという

ストレスが負担します。

 

選択肢が多ければ決断疲れします。

ネットも含め他人の意見がうるさい(欲張りすぎるcmや広告)-p34

 

  • 何か変わったこと
  • 目立つようなこと

をする時、

  • それはおかしい
  • お前変わってる
  • そんなことしても無駄

など、

いちいち焚きつけてくる奴がいますね。

あなたには関係ないのに。

 

道を歩いていても、至る所に

  • 広告
  • チラシ
  • 店員の勧誘

などが溢れています。

 

それに加えて

  • すれ違う人達の話し声
  • 車や電車の音
  • 店内BGM
  • 子供の泣き声
  • モノから出る音

 

キリがないです。

 

関連記事:【ネタ】なんばで適当に美容院入ったらひどい目に遭った話【安物買いの銭失い】

世の中の大半のものはノイズ-p40

 

そうです。

世の中の大半はノイズです。

自分に関係の無いものが99%以上です。

 

一つ一つ気にしてると

キリがなく疲れるだけなので、

無視して良いです。

選択は、行動-p52

 

身を動かすことだけが

行動ではありません。

 

選択肢の中から

自分自身で選択することも、

立派な行動になります。

 

関連記事:ミニマリストは若いうちになるべき3つの理由

選ぶ価値を大切にする-p57

 

やむをえずコッチを選ぶ、

というのはよくありません。

 

責任を持って選んだ、

自分が選んだという価値を

大切にしましょう。

努力の量と成果が比例するという考え方を捨てたとき、エッセンシャル思考の大切さが見えてくる-p63

 

こんだけ頑張ったんだから

良い評価貰えるよね!

という思考が頭のどこかにでもあると、

いざ悪い評価が出た時に差が生じて、

大きなストレスになります。

 

反対に重要な仕事をこなすには、

自分を犠牲にしてまで

何時間もかけないとダメだ、

という思考を

初めから持つことはよくありません。

 

何が大事かを理解して、

それだけに集中する必要があります。

忙しい日常から離れ、自分だけでいられる時間を確保する-p92

 

これだけ情報に埋もれていると、

自分では気付かなくとも

脳がどんどん疲れ、

集中力に大きく関係してきます。

 

1日、1週間、1ヶ月の中で

誰にも何にも左右されない

自分だけの時間をしっかり作って、

ゆっくり体を休めましょう。

 

関連記事:【ミニマル旅行】四国1周をたった2日で【見事に観光地のみ】

睡眠は新たなステータス-p128

 

睡眠が集中力を保つのに最重要なのは

近年認知が広がっています。

 

睡眠にもっと重きを置いてみても

良いのではないでしょうか。

 

関連記事:【幸せな睡眠】寝ながら聴くおすすめラジオ動画5選【気付いたら寝てる】

Google 昼寝ポッド-p129

 

Googleには

昼寝ポッドというものがあるそうです。

それだけ睡眠の価値を

高く置いているようですね。

 

著者が実際に見に行ったところ、

使用してる人は

あまりいなかったそうですが…

90点ルールを取り入れる-p134

 

100点を目指すと

90点→100点に仕上げる時間が

かなりコスパが悪く、

細かい作業になります。

センター試験の

世界史・日本史みたいなものです。

 

多数の仕事を抱えて忙しいのであれば、

まずは90点で十分です。

自信をもって

終わらせたことにしましょう。

本質目標を正しく決めれば、その後の無数の決断が不要になる-p157

 

「自分はこう考える」という

思考の根源をしっかり持っていれば、

それだけ決断する機会が減ります。

 

例えばぼくの

「糖質を摂らない」という

本質目標があれば、

ナポリタンを食べるか、

という選択を迫られた時に、

「食べない」をすぐに

選ぶことができますね。

短期的な気まずさと引き換えに、長期的な敬意を大切にする-p173

 

上の本質目標によって、

相手の依頼に断りをいれた場合、

その場で短期的な気まずさを与えます。

不愉快な態度を取られるかもしれません。

 

しかし

本質目標を取った行動をするうちに

相手からは

「こういう考えを貫いている人だ」

という印象を持たれ、

その一貫性から敬意に繋がります。

断る時は、とりあえず黙る-p174

 

即答をやめて、

まずは5秒黙ってみましょう。

 

そこで自分の本質目標と照らし合わせて、

少しでも違反するなら断ります。

 

この5秒の沈黙で選択・判断が

いかに大事か相手に伝わりますし、

何より選択を焦ると

良いことはありませんね。

我々に必要なのは、もっとゆっくりイエスを言い、もっとすばやくノーを言うことだ-p179

 

上記と同じですね。

 

ただぼくは、

この言葉は名言だと思います。

編集の4原則は①削除する②凝縮する③修正する④抑制する-p198

 

編集は

「神の仕事だ」とも言われています。

 

方法は表題の通り。

編集の力によって、

そのモノの見方が180℃変わりますね。

 

関連記事:まずは100記事書くをやってみた結果【ド初心者ブロガー必見】

一度でも例外を許したら、その後は例外だらけになる-p207

 

「しょうがないなあ」「今回だけだよ」

をやると、

次もその選択肢が必ず生まれ

やるやらない関わらず

手間やストレスが増えます。

 

本質目標をしっかりもって、

当てはまらないのであれば

初めから断ります。

面倒くさい人たちと一線を画す-p208

 

自分にとって面倒な人たちは、

利益をもたらしませんよね。

 

いち早く線引きして、

ストレスの元とならないように

対処しましょう。

最悪の事態を想定する-p218

 

「こうなった場合はこうする」という

自分なりの考えを1つでも多く作ると

ストレスを大きく取り除きます。

 

人生にも余裕が生まれますね。

 

何かが起きた時に

対処の仕方が分からないとなると

負担やストレス、体力を

大きく消費します。

 

関連記事:防災セット揃える【日本ヤバイ】

エッセンシャル思考は最悪のケースを想定し、そうでない人は最善のケースを想定する-p223

 

普段から最善のケースを考える人は

いかに損をしているか、

デメリットをなかなか考えません。

  • 毎晩たらふく酒を飲む
  • パチンコをする
  • タバコを吸う
  • 宝くじを買う

などでしょうか。

 

この生き方は、人生に余裕を生みません。

徹底的に準備する-p224

 

人生に余裕を作るため、

準備の大切さを

今一度押さえておくべきです。

 

準備を大切にすれば、

あとで慌てることなく

非常事態にも備えられるケースが多いです。

モチベーションにもっとも効果的なのは「前に進んでいる」という感覚-p246

 

現状維持ではなく、

少しでも「前に進んでいる」という

感覚が大切です。

 

続けることに対する

大きなモチベーションとなります。

 

そのままで維持しようとしたり、

下降したままほっといとくなんて、

単なる消化試合ですからね。

小さく始めて、日々の小さな進捗を評価し、それを何度も何度も繰り返す-p253

 

ブログも同じですね。

 

ぼくは周りの大物ブロガーと

比べてもしょうがないので、

今日何が出来たかを小さく評価して

毎日続けていくことを、

今の目標にしています。

習慣には①トリガー②行動③報酬の3要素があり、このループを繰り返すことで自動的になる-p261

 

この通りですね。

 

あるきっかけがあって、

実際に動いて

良い結果がついてくる。

 

この形に収まることが出来れば

それは習慣とすることが出来ます。

深呼吸して「今、何が重要か」を考える-p275

 

落ち着いて、

自分が今何をするべきかを考えましょう。

 

初めの方にある雑多なノイズによって

本質を見失ってしまってる場合があります。

 

まずは立ち止まって、深呼吸しましょう。

終わりに

 

エッセンシャル思考、

とても良い本でした。

 

ぼくはこの本を

「ストレスを軽減させる最短な方法」

として脳にインプットしました。

 

あまり取っとく本は

増やしたくないのですが、

この本はいつでも読めるように

しばらくは手元に

置いておきたいと思います。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です