ミニマリスト

多読家になる為に本は買わない!

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

ぼくは仕事終わりや休みの日を

時間の許す限り、読書に充てています。

 

現在では週1冊ですが、

いずれ1日1冊読めるように励んでいます。

 

きっかけはミニマリストしぶさんの

この記事。

実はぼくがこの習慣をつけたのは半年前で、

それまでは月1冊も本を読みませんでした。

それも読んでいた本は話題書や、

学校で必要になった参考書くらいです。

自分から進んで読もうとしてないですね。

 

そんなぼくが進んで本を読むようになり、

多読するには本を買ってる場合じゃない

と思い始めてきました。

 

理由としては、

  • モノが増える
  • 「あとで読む」という選択が出来る
  • コスパは良いけどやはり高い
  • 選ぶ時間がかかる
  • 本屋に行くのが面倒
  • 買うと帰りには持ち物が増える

などです。

いちいち本を買ってたら多読出来ない

ということに気付きました。

 

そこで今回は、

毎日効率良く読書を進める為の

本を買わずに多読する5つの方法について

紹介していきます。

電子書籍を利用する

 

電子書籍といえばkindleが有名ですね。

amazonで本を購入して、

それを電子書籍として読めます。

 

ただこれだと少し安くなった本を

電子端末で読めるだけです。

モノは増えませんが、

買ってることには違いありません。

 

ではどうするか。

ズバリ、

  • prime reading
  • kidle unlimited

を使いましょう。

f:id:sugisakisanpass:20180920122155j:image f:id:sugisakisanpass:20180920122158j:image

この2つはamazonのプライム会員である

必要があります。

 

違いは以下です。

f:id:sugisakisanpass:20180920142126j:image

prime reading

 

こちらのprime readingは、

会員であればすぐ読むことができます。

しかも全て無料です。

f:id:sugisakisanpass:20180920141807j:image

こんなお得なことないですね。

prime会員の方は覗いてみてください。

kindle unlimited

 

一方kindle unlimitedですが、

こちらはプライム会員費に加え、

月額¥980かかります。

 

その違いはズバリ、

圧倒的なタイトル数にあります。

f:id:sugisakisanpass:20180920141601j:image

漫画だとハリーポッターやカイジ、

最遊記などがシリーズで全て読めます。

 

他にも読める本は多数。

f:id:sugisakisanpass:20180920141627j:image

kindle unlimitedで読める本に関しては

良い記事がありましたので、

こちらを参考にして下さい。

 

多すぎて良書を探すのが大変ですが、

話題書やミニマリスト本などが

かなり充実しています。


立ち読みする

 

もちろん1冊丸々ゆっくり読むのは

本屋に失礼です。

ただ、どんな本かをパラパラとめくることで、

  • 本のレイアウト
  • はじめに
  • 概要
  • 著者の経歴

は分かります。

自分に必要な本かどうか判断できるんですね。

 

「今までに似たような本読んだことあるなー」

となれば、その本から得られるのは

1つでもあれば良い方です。

それを読んで吸収したら買う必要はないので、

さっさと違う本をパラパラしましょう。

 

買うだけ無駄です。

知り合いから借りる

 

  • 読書家
  • 専門家
  • 新社会人

などは、実物の本をたくさん持ってますね。

おススメのものを聞いて、

本を借りてしまいましょう

 

読書家にはどれがお気に入りか、

専門家にはどの本が基盤となったか、

新社会人にはどの本が役に立ってるか聞いて、

本人の気分を良くさせてから借りましょう。

 

返すときには内容について触れて感謝すると、

次もまた喜んで貸してくれるでしょう。

図書館

 

図書館は難しい本や専門書が多いです。

あとは使い古された本や、汚れてる本が

あるのも事実です。

 

ぼくは潔癖なので少々苦手なところですが、

それでも図書館によっては

定期的に本を入れ替えしていたり、

しっかりクリーニングしているところも

あるでしょう。

 

お気に入りの図書館を見つけて、

通ったり、本を借りるのも手です

 

ちなみにぼくが以前、

図書館で借りて読んだ本はこちらです。

【文庫】 ブラック (文芸社文庫)

【文庫】 ブラック (文芸社文庫)

小説も借りてました(笑)

結構色々とあるものです。

 

新刊や話題書はさすがに無いですが、

名著やベストセラーなものは

置いてあるものもあるでしょう。

音声や動画で代用する

 

色々なサービスがありますが、

ぼくは以下のものを利用します。

オーディオブック

 

このオーディオブックとは

いわゆる「聴く本」、

本を朗読した音声コンテンツのことです。

今では多くの本が音声化され、

耳で聴くことが出来ます。

 

本に目を向ける必要が無いため、

「ながら作業」が出来るという

メリットがあります。

 

Audible

 

またもamazonでは、

「Audible」というオーディオブックアプリを

出しています。

amazonという安心感がありますね。

audiobook.jp

 

同じくこちらも文字通り、

オーディオブックアプリです。

2007年から始めている老舗「FeBe」が

2018/3/19に改名後リニューアルしてますね。

しぶさんも上記のAudibleと併用して

こちらを使っているようです。

名前が「audiobook」とそのままで、

アプリもとても見やすいので安心ですね。

youtube

 

こちらは本ではないですが、

動画を流すのも良いです。

 

今では多数のチャンネルが生まれていて、

数多くのyoutuberが台頭してきたのも

承知のはず。

役立つ動画を出しているチャンネルが

かなり多いです。

 

ぼくがよく観たり聴いたりするのは、

・ひろゆきさん

・DaiGoさん

・ブライドサイド

・瀬戸弘司さん

・靴磨き芸人 奥野さん

などです。

終わりに

 

これらの方法を使って

週1冊→毎日1冊(月30冊)分を目標にします。

中には動画などもありますが、

十分身になれば同じかなあと。

 

電子書籍やオーディオブックなど

新しい読み方が多数ありますが、

多読する人は皆さんこの方法で

読書を取り入れています。

 

ぼくも参考にして、

知識の吸収に充てていきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です