読書術

興味を持った本はすぐに読め!【読書を続ける唯一の方法】

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

読書を習慣づけたいという方は

そこそこいると思いますが、

  • めんどくさい
  • 時間がない
  • 本の存在を忘れる
  • 一度読まないと読みたくなくなる

などの理由で、

うまくいかない方も

結構いると思います。

 

ぼくもなかなか続かずに

苦労していましたが、

読み方を工夫しただけで

月1冊→週1冊まで

読む冊数を増やすことが出来ました。

 

今でも読むペースは

上がってきています。

 

そこで今回は、

読書を続けられるために

いつ本を読むべきかについて

理由を添えて説明していきます。

 


本を読めない(読まない)悪い習慣

 

読書をできるようになるには、

正確には

「読書を頑張る」というより

「読書習慣をつけることを頑張る」

ということに

力を入れるべきです。

 

ぼくも興味をそそられたものや

知識をつけたい、

勉強したいと思ったものは

なるべくすぐ読むようにしていますが、

ある程度期間が立ってしまうと

全く読まなくなり、

ちょっとしか読んで無い本は

全く読む気さえ起きなくなります。

 

で、そのまま読まずに

買った本は売りに直行。

 

悪循環ですよね。

お金の無駄とはこのことです。

 

またこれは

モノが増える原因にもなっています。

「積ん読」に直結しています。

 

f:id:sugisakisanpass:20180814115240j:image

買った本を1番読みたいタイミングは?

 

実はこの記事を書いているたった今、

amazonから届いた本が1冊あります。

 

ミニマリストしぶさんも推してた本で、

アウトプットを強化していきたい

ぼくにとっても今かなり最適な本。

 

表紙デザインもページ数もイラストも

とてもちょうど良い。

 

で、

発売されたのが8/3と最近で

この記事は8/14に書いてます。

欲しいと思ったのももちろん最近。

 

そして、

届いたのが今。

 

つまり、、、

この本に対するぼくの読みたい気持ちは

たった今が1番の「ピーク」な訳ですね。

 

このタイミングで

「速読してすぐ片付けてやる!」

くらいの気持ちで

たった数ページでも読めると、

流れに乗ってそのまま読み進められます。

 

読もうとする気持ちだけで脳は疲れる

 

  • 何かやろうとする
  • 始めようとする

という時、

人間はウィルパワー(集中力)を

大きく消費するものだと

メンタリストDaiGoさんも言っています。

 

興味が一番ある時に読めると

比較的すぐに始められるので、

1ヶ月放置してしまったような

もうあまり興味のない本ほどの

重い腰を上げる必要はありません。

 

新しく読みたいと思った本だけ

読むようにすれば良いです。

 

f:id:sugisakisanpass:20180814121436j:image

本のまとめ買いはダメ?

 

書いてて気づいたんですが、

これだと

本のまとめ買いも良くないですね。

 

すぐ読めるものは1冊だけで、

あとの本はそのまま

寝かせたしまうことになります。

 

読みたいものがなくなり次第、

こまめに本屋に足を踏み入れたり

amazonの「あとで買う」から

購入したりすることで、

積ん読傾向を防いでいきましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です