ミニマリスト

ミニマリストが服買って返品した話

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

先日GUに行って、

秋冬物を買い足しました。

黒のダウンベスト

紺のオックスフォードシャツ

グレーのパーカー

 

久々の買い物で楽しかったですが、

家に帰って持ってる服と合わせると

どうも納得できない…

 

返品することにしました。

その理由を説明します。


黒のダウンベスト

 

購入理由

 

ダウンベストはコスパが良く、

昔から欲しいと思っていました。

 

前提として、長袖のシャツが

とてもコスパが良いです。

春夏は袖をまくれば着られるし、

秋冬は長袖として、

またインナーとして上にも羽織れます。

色や無地・柄によって

十分オシャレも出来るので、

申し分ないアイテムです。

 

そんなシャツを冬に着る際には

上にマウンテンパーカーや

コートを重ね着しますが、

秋〜冬にかけては

コート類だとまだ暑く、

シャツだけでは寒いという日が

結構長く続きます。

 

その中間の季節で使うのが

ダウンベストです。

 

チェックシャツに羽織るだけ。

パーカーに羽織るだけ。

簡単だし、丈夫だし、汎用性が高い。

 

ぼくはこれからの季節にシャツか

プルオーバーのパーカーしか着ないので

必須アイテム間違いなしです。

これは買いだと思い、購入しました。

返品理由

 

フードが付いてたから

それだけです。

買うときにフードが要らないことに

全く気づかなかったのです。

 

シャツはいいですが、

パーカーと合わせると

ダブルフードになってしまいます(笑)

 

ミニマリストとしては

1つ1つを最高のものにしたいので、

GUのダウン自体は良かったですが

今回は返品しようと思います。

 

失敗しました…!

紺のオックスフォードシャツ

 

購入理由

 

長袖のTシャツを断捨離して、

シャツを増やそうとしている為です。

 

秋冬は長袖Tシャツも着ていましたが、

インナーを着ずにそのまま着る為、

・かがんだとき

・運転するとき

・手を伸ばしたとき

など、冷たい空気が肌に当たります

単純に寒いんですよね。

隙間から入ってくるので。

 

あと運転中は前にかがんだ時に

ベルトのバックルがお腹にあたって

すごく気持ちが悪いので

その防止の意味もあります。

 

以上の理由で

秋冬の服はシャツに統一して、

中にヒートテックを着ることで

隙間風対策をします。

 

ちなみにシャツは白が似合わないので、

試しにを買ってみました。

返品理由

 

黒のダウンベストと紺シャツは

全く合いませんでした。

 

紺シャツ自体は暗くて落ち着いた

すっかりと見える印象があって

個人的にはとても好きですが、

ダウンベストがカジュアル要素が強く、

合わせることが出来ませんでした。

 

ダウンベストもシャツも

取り入れるとなると、

シャツをカジュアルな柄へと

変える必要がありました。

 

チェックやストライプなど、

自分に合う良いものを

また探してみます。

グレーのパーカー

 

購入理由

 

パーカーは老若男女問わず

無難なオシャレに使え、

室内外両用ができ、

秋→冬→春と

上に羽織るだけでなんとかなるという、

コスパ最強の服」です。

そのパーカーの中でも

グレーが一番色が合わせやすく、

何にでも合います。

 

以前はぼくも

ユニクロのグレーパーカーを

重宝していましたが、

少し厚手で春には暑かったため断捨離。

汎用性が高くアウターの間にも着れる

薄手のグレーパーカーを求めて

今回購入しました。

 

ちょうど良いもの薄手のものを

ずっと探していたので、

良い買い物をしました。

しかし…

返品理由

 

なんとパーカーが

無くても大丈夫だと思うまで、

ミニマリストが極められていました(笑)

昔からこれだけは必須アイテムだと

信じてやまなかったですが、

これすらもいらなかったです。

 

ただ、プルオーバーパーカー

(ジップのついていないパーカー)

を秋〜初冬くらいまで愛用するので、

被ってるところが強いかもしれません。

 

上に何か羽織る場合は

以前買ったGUのスタジャンがあるので

これで十分でした。

 

あれば着るでしょうが、

ワードローブを制限するためにも

一度返品してみます。

終わりに

 

服好きなぼくが

久々に服を買ってみた結果、

全て返品するという結末となりました。

恐ろしい変化です…!

 

ただこれで無駄な買い物が減り、

大切な財産が守られたわけです。

 

この考えが私生活の至る所で広がり、

支出にストップがかかるように出来れば

お金がどんどん溜まっていきます。

 

これからも極力モノを増やさずに、

消費回数を減らしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です