雑記

飲食店で出てくる水が苦手

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

ぼくは軽度の潔癖症です。

 

飲食店などに行くと

1番初めにお水が出てきますが、

お店によっては

コップが汚い、古い、ヒビがある等、

衛生面がひどいお店が存在します。

 

その時の苦悩を書いていきます。


ちゃんと洗った?

 

まず大前提として、

最終的にちゃんと手洗いしたか

気になります。

 

飲食店で働いてたので分かりますが、

色んなお店の皿洗いを見ていると、

多くのお店で食洗機を使用しています。

とりあえず皿を突っ込んどけば

なんとかなるのが正直なところですが、

こびりついた米粒やソースのあとなどは

1回の洗浄で落ちないことがあります。

これは厳しいだろうな…

という汚れを見つけたら、

先にタワシなどで軽くこすっておくのが

通常のやり方です。

 

ただ牛丼屋やラーメン屋など

人手が少なくて客の回転の早い店は、

そんな時間あるのか?

と疑ってしまいます。

たまによく見ると水に浮いた

赤い粉(唐辛子?)や黒い粉(胡椒?)が

目に付きます。

見えるならまだ良い方で、

細かい微粒子や汚れなどが

入っている可能性もあります。

前の客が食べ残した分の

残りカスだとすると寒気が走ります。

 

まあこれは飲食店経験者だから

分かることなのかもしれませんが…

その水は沸騰させた?

 

これはお店によって様々です。

多くの店はポットに水を入れて

氷で冷やして置いてあるもの

客の来店時に提供します。

基本的にこの場合、

水は沸騰させてないですので

水道水をそのまま出してます。

冷えてるのでおいしく感じますが、

薄くカルキの味がすると思います。

 

嫌なのは客の来店時に

蛇口から水をコップに入れて、

2〜3コ氷を入れてすぐ出す店です。

まだぬるい水なので

ガッツリとカルキの味を感じてマズく、

なんだかぬるぬるした印象です。

 

反対に良いところは

麦茶を提供する店。

稀なケースですが、

茶類を出す店は手間をかけています。

麦茶やウーロン茶を作るときは、

コストカットの為に

基本的にそのまま買うことなく、

茶葉から自作します。

そうすると必ず水を沸騰させるという

手間暇をかけているわけです。

店側は大変でしょうが、

こちらとしては安心して飲めるので、

とてもありがたいです。

そういうお店は

大切にしたいと思わせてくれます。

普段の対策

 

  • ぬるい水は飲まない
  • 冷たい水は店内の綺麗さで判断
  • 麦茶は大喜び、常連決定

を徹底しています。

 

大げさかもしれませんが、

無理なものは無理なので

気分を悪くするくらいなら

飲み物を注文します。

 

椅子に座ると水を出してくる店は

出してもらって申し訳ないながらも

最後までそのままの状態にしています。

終わりに

 

人手不足や企業のブラック運営で

消費者にまで影響が出ています。

 

バイトや店員は悪くないと思います。

なぜなら忙しい中で

マニュアル上のその作業をしてるので、

精一杯働いてると思います。

そのようなやり方を指導している

経営者が問題ですね。

 

車を手に入れてから

行くお店を選ぶことが容易になって、

衛生面で安心できるお店を

選ぶことが出来るようになりました。

 

通うお店は選択肢を絞って、

進んで良いサービスを受けましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です