ミニマリスト

軽減税率で思うこと【ミニマリスト視点で考える】

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

2018年10月16日、

自民党が増税決定を宣言しました。

来年10月からだそうです。

もう既にニュース、ワイドショー、SNSで

かなり荒れているようですね…

 

ぼくはニュースについて

あまりどうこう言うタイプではないし

そこまで詳しいわけではないですが、

増税という身近に感じる政策について、

ミニマリスト視点で

思うことを書いていきます。


軽減税率を計算するシステムを作る

 

小売店はレジ等の計算するシステムや

全商品のプライスカードなど、

新たに導入しなければいけません。

またそれに対応したシステムに

全ての会社が入替する必要があります。

 

多額の費用がかかるかと思いますが、

それを払うのは国民です。

つまり私たち

増税したのにさらにまた払う。

 

どう回ってくるのかは分からないけど、

これやばいんじゃない?

 

このような無駄が生まれることが

この政策の一番のデメリットだと

考えています。

軽減税率を判断する機関が生まれる

 

軽減税率による区分けは

非常に曖昧です。

 

例えば

コンビニのイートイン

テイクアウト

立ち食いそば屋

安い店(サイゼリヤなど)

高級ハムの持ち帰り

これらは軽減税率の対象なのか?

8%、10%、どっち?

グレーゾーンが多く存在しています。

 

そしてこれを判断する機関が

これから新しく増設され、

新たに運営コストがかかります。

 

つまりまた無駄な出費が生まれますね。

税率上げても意味あるのか…?

 

f:id:sugisakisanpass:20181017133212j:image

カード利用による2%還元

 

支払いをカードなどの

キャッシュレス決済にすると、

2%が還元されるようです。

 

これによるメリットは、

カードが使えるお店が増えることです。

お店で対応していないと

なんで安く買いたいのに使えないの!

とクレームを言われますからね。

キャッシュレスが進むことについては、

私も大賛成です。

 

反対にデメリットは、

商店街・高齢者・アナログ好きの方が

不利になることです。

イオンやコンビニ、チェーン店の普及で

商店街が廃れていく昨今、

この政策によりまた活気が

無くなっていくような気がします。

カードを使えるお店が少ないですし、

個人商店においては

今後増えることも少なそうです。

あの活気や仲良く話せることが

良いとして利用している方も、

支出の差が絡んでくると

そのお店に行くことが減りそうですね。

 

この負担は中小企業も同じです。

またカードを使えない高齢者の方や、

カードを使いたくない現金派の方は

必然と高い支払いになります。

これを知った時に理不尽な高齢者は

お店に行くたびに文句を言い、

色んな店でクレームが生まれそうです。

加えてカードを持たない子供や

貧困層が10%を免れられないのも、

ちょっとした差別になりますね。

終わりに

 

元々この消費増税を決定したのは

民主党の時らしいですね。

それを今必死になって

民主党が自民党を避難しているのは

一体なんなのでしょうか…

政治家の方によって

言っていることがバラバラで、

何も信じられないですね。

 

ただ自分の身は自分で守れるように、

考えを常に持っておこうと思います。

皆さんも1年後の増税まで、

今のうちに出来ることを

しておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です