ミニマリスト

瞑想の効果とは?【朝夜5分でおk】

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

皆さんは瞑想について

どこまで知ってますか?

 

瞑想と聞くと

スピリチュアルなイメージや

宗教チックで敬遠してしまう方も

結構いるでしょうね。

 

僕も初めはそうでしたが、

調べてみるうちに

短時間で素晴らしい効果が

期待できると知りました。

 

実際にぼくも

毎日少しずつ続けてみたところ、

その効果が実感でき

変化に気づくことが出来ました。

 

今回はその瞑想について

説明をしていきます。

 


瞑想とは?

 

瞑想(めいそう、英:Meditation)とは、を静めてに祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者()をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。

引用:Wikipedia

 

「心を鎮めて無心になること」

1番良い表現かなと思います。

 

何も考えず、脳を休ませることが

最もな目的です。

 

また瞑想については

世界中で色々と研究されているようです。

2001年にマサチューセッツ総合病院のサラ・ラザール(Sara W.Lazar)は、瞑想と経験による神経可塑性に関する実験を行った[9]募集で集めた瞑想の未経験者の脳をMRIでスキャンした後に、半分の被験者を8週間で1日平均27分間あるがままに観察する瞑想プログラムに参加させ、終了後に再び被験者をMRIでスキャンした。全被験者のプログラム前と後を比較した有意な結果として、瞑想の参加者は学習や記憶に関連する海馬の灰白質密度が高まり、不安やストレスに関連する扁桃体の灰白質密度が低下していた。ラザールの実験は、瞑想が脳の自己認識、思いやり、内省といった分野に比較的急速に生理的変化を生じさせる可能性があることを示した[10]

ペンシルバニア大学のアンドリュー・ニューバーグ(英語版)は、深い瞑想状態や祈りの状態にある者の脳内の神経学的変化を研究した。ニューバーグによると、深い祈りを込めた瞑想は、上頭頂葉後部の活動を低下させ、血流を減少させていた。また瞑想者のメラトニンやセロトニン濃度は上昇し、コルチゾールやアドレナリン濃度は低下していた前者2つのホルモンはリラックス時には上昇し、後者2つはストレス負荷により上昇するので、この変化は理に適っているとした。

引用:Wikipedia

 

まとめると

  • 学習力や記憶力の向上
  • 不安やステレスの軽減
  • リラックス効果
  • ストレス軽減

に効果があると

研究で明らかになっています。

 

詳しくは次で説明します。

 

瞑想の効果

 

人は瞑想は行うことによって

  • リラクゼーション効果
  • 集中力アップ
  • 緊張や不安に強くなる
  • 感情コントロールが強くなる
  • 体脂肪が落ちる
  • 睡眠の質が向上する

と、主に6つが期待できるそうです。

 

集中力だけでなく、

体脂肪減少や睡眠向上まで…

効果バツグンですね。

 

また、瞑想は継続することによって

  • 1日3分→ウィルパワーを鍛える
  • 1日20分×週4→集中力向上
  • 累計3時間→注意力・自制心向上
  • 累計11時間→神経ネットワークの連絡が増加
  • 週3時間×2ヶ月→灰白質が向上

と、続ければ続けるほど

良い効果が期待できるようです。

 

ウィルパワーとは集中力のようなもので、

灰白質とはウィルパワーの源となる

脳の前頭葉前皮質を形成するものです。

 

瞑想はこの灰白質を

最短最速で活性化させる方法として

近年注目されているようです。

 

瞑想のやり方

 

さて、瞑想のやり方についてですが、

瞑想をするのには

大して特別な道具は必要ありません。

いますぐにやることが出来ます。

 

やることは2つ。

  1. イスや床に座り背筋を伸ばし、目を閉じて両手を膝の上に置く
  2. 「7秒で吸って7秒で吐く」のペースで、鼻で呼吸する

これを朝夜5分行うだけです。

 

ぼくみたいに朝バタバタしてしまう人は

お昼休憩の時でも良いと思います。

 

瞑想→パワーナップの流れでいくと

スムーズに睡眠が出来てオススメです。

過去記事:パワーナップの効果とは?【昼寝推奨】

 

あとは何も思い浮かべないという

無の状態」を目指すのですが、

これが正直、なかなか出来ません。

 

ぼくも仕事のこととか

小学校の思い出とかごはんのこととか、

本当に雑念だらけでした。

 

なので初めはただただ呼吸に

意識を集中させていれば十分です。

 

呼吸に音を立てて、

それを耳で聞いているのもいいですね。

 

「吸って吐いて」と心の中で

つぶやきながらやったり、

膨らむお腹に意識を傾けたりするうちに、

徐々に何も考えない

ぼんやりとした集中状態となります。

 

まずはそうなることを目指して

頑張ってみましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です