ミニマリスト

【初心者必見】ミニマリストって何?【基礎の基礎】

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

巷で流行りのミニマリストについて、

ミニマリストって聞いたことあるけど、

一体何者なの??

という方向けに書いた記事です。

 

ミニマリストと言えば、

  • 頭おかしい
  • 生きてて楽しいの?
  • 病気じゃない?

など、ネガティブで少し宗教チックに

見られてることが多いと思います。

 

試しに画像検索してみると、

 

 

このような部屋の姿が見れます。

衝撃を受ける方がほとんどでしょう。

ぼくも初めはそうでした(笑)

 

ただ、近年割と認知はされてきていて、

シンプルライフを少し取り入れてみたり、

ミニマリストに挑んでみる方も

少なくありません。

夕方のニュース特集でも

取り上げられるほどです。

 

 

実はこの考え方、

「モノを減らして部屋で広々できる!」

…だけではありません。

ミニマリストになるメリットが

多数存在します。

 

現在1年ちょっと経験したぼくでも

普段の行動が劇的に変わりました

控えめに言って、人生変わります

関連記事:ミニマリストになって人生変わった

 

そこで今回はこのミニマリストについて、

人生を変える理由を大きく3つに分けて

詳しく説明していきます。

 

 


数を減らす

余計なものを減らす→片付ける・捨てる・管理する・存在を覚えておくストレスを無くす

 

モノはメッセージを放つ

 

放ったらかしているモノからは、

常にメッセージが発せられています。

  • 脱ぎ捨てた服→早く片付けないと!放ったらかし?
  • 積まれた本→続き読まないの?どこまで読んだ?
  • 飲みかけのペットボトル→賞味期限大丈夫?

 

部屋にいるだけで無意識に考えてしまい、

それが知らぬ間にストレスに繋がります

 

すぐにしまう→ストレス軽減、しまうものがない→ストレスフリー

 

「モノはすぐ元の位置に戻す」

これでストレスは多少軽減されます。

でも、戻すの面倒くさくない?

 

ガチのミニマリストの方は、

そもそも収納道具なんて持っていません。

 

上記の解決法は

早い話、ミニマリストになることです。

モノが散乱することがありませんので、

日常でモノからメッセージを感じることが

ほぼありません。

 

日々、ストレスフリーです。

 

可能性を無くす→やりたいことに誠心誠意取り組める環境作り

 

目的買いすれば、他のものに踊らされず、余計な出費も無い

 

スーパーやファッションモールに行くと、

数多くの広告や宣伝に釣られます。

初めから欲しいものだけ見れば、

  • 余計な出費が無い
  • 「やっぱりいらなかった」が無い
  • 欲しいものが手に入り満足

となり、満足できますね。

 

余計なものは、買いません。

過去記事:スーパーはいつもまったく同じものを買え!

 

仕事や作業を抱えると気になり、目の前のことに集中できない

 

やりたいことがあるのに

雑務ばかりに邪魔されてしまうと

やる気が削がれてしまいますね。

 

そうならないようにするには、

  • 余計な仕事・作業を作らせない
  • 他人・ロボットに任せる
  • それでも残る仕事は、後でまとめて短時間で処理する

という「仕組み化」がカギとなります

 

自分はやりたいことだけに時間を使って、

余った時間を有意義に使いましょう

過去記事:ルンバを買ってからの流れを本気で分かりやすく書いてみた【迷ってる人必見】

 

選択肢を無くす→決断疲れを無くし、他のことに集中力を使う

決断疲れ、判断力が鈍る

 

人は1日9000回の選択をするそうです。

恐ろしいですね。

 

選択をするたびに脳が疲れ、

夜には考えることを止めてしまいます。

大事な商談や大きな判断を迫られた時、

ベストな判断を下せなくなります

数秒で将来が大きく変わります。

 

そうならないためにも

普段から選択肢を減らし、

脳が冴えた状態を長く維持させます。

過去記事:「エッセンシャル思考」読んだ

 

悩めば悩むほど、選ばなかった選択を考え、満足度が下がる

 

  • あっちにしとけば良かったな
  • なんでこっちを選んだのだろう

 

選択肢が多いだけで

ストレスを生む原因となります。

そしていつまでもいつまでも引きずり、

結果的に満足度が下がってしまいます

 

それならパッと選んで決めてしまえば、

悩んでいない分満足しますよね?

時間も判断力も節約でき、お得です。

 

強調する

好きなものだけに囲まれて生きていく→毎日が幸せになる

 

普通のモノに囲まれてもワクワクしない

 

  • 急遽コンビニで買ったボールペン
  • 急な雨でやむなく買ったビニール傘
  • 昔から何となく持ってる靴

使ってて楽しい?ワクワクする?

ぼくはしません。

 

反対に、

これ絶対欲しい!と思って

少し高くても無理して買ったものは

使っていてずっとワクワクするでしょう。

過去記事:100の大好きリスト

 

やりすぎなくらい、好きなものだけに囲まれてみる

 

  • 洋服
  • 筆記用具
  • 家具
  • ガジェット

なんでも良いと思います。

 

スタメンだけ揃えて、あとは全部捨てる

ワクワクしないものは良いものに替える

 

好きなものに囲まれると、

その時間が幸せに包まれますよ

 

自分らしさを出す→個性が出る

 

少数精鋭なら個性が際立つ

 

  • ギンガムチェックのシャツ
  • シンプルな黒リュック
  • オシャレなメガネ
  • 黒髪パーマ

のように、

あの人はいつも○○の格好だ

と印象付けられれば、

それがそのままその人の個性となります

 

もちろん個性は内面でも表れますが、

外見、特にその人の見た目は

第一印象としてストレートに繋がるため、

初めに個性が一番際立ちます。

 

色々なものを使っていれば、

特徴は表れません。

過去記事:私服の制服化してみた

 

特徴とセットで覚えられやすい

 

よっぽどのイケメンか美人でない限り、

人の顔はなかなか覚えられないものです。

覚えるには「特徴」とセットになります。

 

  • 小中高と野球一筋
  • アニメ・特撮オタク
  • フェス好き

「特徴」は十分その人の個性になります。

 

私はこれが好き!というモノを

ほんの数点、毎日身に着けることで、

それがその人の個性となり、

セットで覚えられていきます。

好きなもので自分を表せると

覚えて貰いやすいです。

過去記事:ミニマリストが髪型をマッシュにし続ける理由

 

将来の不安を無くす

最低限度の生活→生活水準が上がらない

 

余計な出費が無くなる

 

必要なものだけを買って、

余計な出費を減らすようになります。

 

よく勘違いされますが、

好きなものは買えばいいのです。

我慢することとは「別」の話です。

ただ、特に欲しくなかったものを

その時の感情で買ってしまうことは

無駄遣いとなります。

 

ミニマリストになると

モノがいらなく感じるので、

自然と出費が減ります

過去記事:生活水準を低くする【ミニマリスト必須】

 

貯金が貯まる

 

出費が減る=貯金が貯まるので、

人生に余裕が生まれます

毎日ストレスなく暮らすためには

重要なこととなります。

 

ちなみにぼくはこれで

色々なことにチャレンジする

機会を作れました

 

  • 読書
  • ダイエット
  • 健康な食事
  • 家電購入

など、

やりたかったあんなことこんなこと、

どんどん挑戦できますね。

過去記事:出費を抑える3つの対策

 

出入金を管理し、資産をこまめに確認できるようになる

 

出入金を意識するようになるので

貯金残高や月会費、レシートなど

細かいとこまで確認するようになります

 

ちなみにぼくは

あれだけ面倒くさい家計簿アプリを

自然に気にするようになりました

支出を確認しないと

資産の計算ができないですからね。

過去記事:ミニマリストが唱える2つの働き方

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です