ミニマリスト

お金があってもたいしてやることがない

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

今ぼくは職について悩んでいます。

辞めるべきか、壊れるまで耐えるべきか…

収入は大丈夫か、転職できるか、はたまた一生バイト生活になるか…

努力次第でこのまま不自由なく生きてけるか…

などです。

 

そして色々考えるうちに最近考えているのは、

貯金があるから何なの?」ということです。

「〇〇歳で貯金〇〇万!!!」

などと言われても、

「じゃあそれは何のために貯めてるの?」

と聞くと全員ハッキリ答えられるでしょうか。

 

そこで今回は、

貯金があることでどうなるか、

ぼくの考えを書いていきます。


一生にかかる費用

 

いくらあったらいいの?

 

まず贅沢を抑えた場合のぼくの生存最低費用は

・食費 2万

・水道光熱費 1万

・通信費 6,000

・消耗品費 4,000

・奨学金返済分 4万

計8万となります。

 

ここに娯楽費5000円(amazon、書籍など)を入れると

計8.5万となります。

 

ただぼくは現在社宅に住んでいるので、家賃を含んでいません。

地方に移り住んで月3万の賃貸に住めれば、

計11.5万です。

 

単純計算で80歳まで生きるとして、

月11.5万×12ヵ月=138万

138万×55年=7,590万

計7.590万も、生活費がかかります。

 

こうなると額が大きくて想像つかないですが。

奨学金さえなければなあ…

老後からの貯金額は?

 

老後(65歳~)には3000万の貯蓄が必要と言われています。

 

この金額には定年後の退職金も含めますが、

もちろん仕事をしていなければ増えることはありません。

ゆとりある生活を望むのであれば、4000万が必要だということですね。

貯金があったら何する?

 

さて、本題ですが、

必要最低限の収入があったとして、

ぼくが一体何に使いたいのかをまとめて

頭の整理でもしていきます。

 

ちなみに収入がなく貯金も底を尽きた場合は、

それがどんなに嫌な仕事でも

何としてでもこぎつけて収入源を見つけます。

 

万が一病気等で身体が使えない場合は、

生活保護を申請して暮らします

5000万でできること

 

ズバリ「額が中途半端すぎて何もできない」です。

 

例えば家やマンションなど、

大きい買い物をするには残りが少なすぎます。

購入以降の維持費も含めると、額が足りない気がします。

車をも同じく維持費が高くなりそうなので、

5000万はすぐ溶けてしまいそうです。

 

代表する高い買い物はこの2つ?

そもそも、高いものをあまり欲しくない。

 

お金が無くなってからがあまりにも怖いので、

大きな買い物は出来ません。

宝くじで高額を当てた人は、

たいてい残念な最期になりますよね。

 

じゃあ安いけど欲しいものたくさん買えばいいじゃん!

となるところですが、ぼくの性格上、

1つ買ってしまうとリミッターが外れて、

おそらく一生止まらない気がします。

やるとしたら

  • 食材はそれぞれ一番高いものを買う
  • 生活用品・消耗品も一番高いもの
  • 服・電子機器も欲しい中で一番高いもの

になるのかなあと。

 

ただこれは大して満足度は変わらず、

得られるのは初めて高いものに変えた時の

小さな喜びだけです。

 

それよりも

一度高いものを使ったあとに元に戻れなくなる

元に戻したらストレスを感じる

という方が辛くなるのは自分でも分かっているので、

おそらく変えません。

 

生活に関しては自分なりの最低限を決めて、

それで満足できています。

1億でできること

 

  • 欲しい車(そんな高くないやつ)買う
  • 年収は低いけど毎日辛くない仕事に転職する
  • 転職するまでプラプラ国内1人旅
  • 投資勉強して半額の5000万突っ込む
  • 貯金

と、こんなものでした。

 

うーん、やはり安心出来ません

人生でお金を稼ぐ必要性はまだありますね。

3億でできること

 

  • 仕事を辞めて毎日やりたいことしてのんびり暮らす
  • 貯金

 

3億あれば裕福でなければ死ぬまで生活出来る

と言われてますね。

 

1ヶ月、1年、その他人生のイベントや

貰える年金額でかかる費用等を

計算した後にはなりますが、

生きていけそうであれば完全に仕事は辞めて、

のんびりと暮らしていきます

 

稼ぐ必要も無いので投資もしません

ひたすらお金を守る生活をします。

楽しみとしてやりたくなったら少額からやっていくかも。

 

お金を守る為に、セキュリティを考えた

独房シェルターは買うかもしれませんが…

f:id:sugisakisanpass:20180930011121j:image

お金(貯金)が無いことの弊害は?

 

大した額を稼いでいなくても

生きていく分だけあれば、

ぼくは死ぬことはありませんし、

むしろのんびりとやりたいことだけ

出来るようになると思います。

 

ただ、他者との関わりや過去の経験を繋げていくと、

色々と問題が生じてきます。

結婚出来ない

 

ぼくの人生やりたいことリストの一番上が

「幸せな家庭を築く」とあるように、

ぼくの人生で一番の目標が、

結婚して子供を作って幸せな家庭を築くことです。

これを前提に話をします。

 

毎晩のように合コン会場では

「年収いくら?」「貯金いくら?」「その時計どこの?」

みたいな質問が、

女性陣からバンバン飛んでいることでしょう。

その時にぼくのその時の現状を言った場合、

必ず空気が止まり、

その瞬間から相手にされなくなることでしょう。

 

お金があることは、信頼に繋がります。

これから先も安定して稼ぐことが出来るというのも

一種のステータスで、

それが形を変え就職先や靴時計、

車などに変わっているだけです。

女性から見てもただ単に

「私が使えるお金がたくさん欲しい!」というだけで

相手の年収等を知りたいのではなく、

  • 子供を産んで大切に育てられるのか?
  • 私自身がなるべく苦労しないで幸せに暮らしていけるのか?
  • 借金にまみれた泥だらけの人生を共に歩む可能性は低いのか?

など、この観点から見ていることは僕でもわかります。

ぼくも性別が女であれば、少なからずその目で見るでしょう。

愛だけでは無理です。

 

その辺がかなり厳しくなるので、

自分で稼ぐ方法をなんとか作り、

安定した収入源を増やしていかないことには、

よっぽど幸せな結婚には辿り着きづらくなります。

 

まあ合コンに人生で行くことなんてないでしょうし、

貯金が3億あれば別でしょうが…

ニートやフリーターだと社会的地位が低い

 

元2ch管理人のひろゆきさんも言っていますが、

ローンやクレジット作成、身分証提示などの際、

就職せずニートやフリーターでいると、

苦い表情をされることが多いです。

性別や年齢的にも働いてないといけないので、

周りからの目は冷たくなることでしょう。

 

基本的にぼくは家に引きこもっていても

やりたいことが出来るので

あまり気になることは無いでしょうが、

いざこのようなことがある度に、

あ、俺ニートなんだ」と我に返って

後悔する気がしています。

まだ会社員なので気持ちは分からないですが。

奨学金に埋もれる

 

僕自身、

家を出て安定した生活と収入を手に入れる為に、

なんとか大学に入って卒業して、

新卒採用しかしない会社に入社しています。

 

ただその代わりとして、

500万の多額の借金(奨学金)を抱えているわけです。

 

あいにく利子が無いもので、

ぼくよりも借金が多くてより苦しんでいる人も

多くいるでしょうが、

それでもやはりキツイものはキツイです。

32歳まで毎月4万払わないといけないのです。

 

そうした場合、

何年分かは貯金で払えたとしても、

残りの額は到底払うことが出来ませんね。

 

以前ぼくは8万あれば楽しく暮らせると言いましたが、

会社を辞めたり奨学金を含めると事情が代わり、

稼がないといけない額も大きく増えます。

アルバイトやパートで常に11.5万稼ぐのは、

かなりキツイのでは無いでしょうか。

ぼくは金銭面の安定と同時に、

足枷をはめられていたわけです。

終わりに

 

やりたいことはたくさんあるんですが、

それはどうやらお金があれば出来る

ということでは無かったです。

 

ぼくに必要なのは、

  • お金
  • 時間
  • 精神的余裕

の3つでした。

 

生活費の収入だけあってそれで生きていけさえすれば、

身体を消耗させるほど

無理に働く必要がないことが分かりました。

 

皆さんはお金があったら何がしたいですか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です