ミニマリスト

「集中」に集中する4つの方法【メンタリストDaiGo】

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

メンタリストDaiGoさんの本、

「自分を操る超集中力」の紹介です。

 

ベストセラーの本で、

本屋でもよく

ランキング上位の本として見かけます。

 

DaiGoさんの書籍は

見つけ次第手に取ってみたり、

最近はyoutubeで

DaiGoさんの動画を観る事も多いです。

 

関連記事:【幸せな睡眠】寝ながら聴くおすすめラジオ動画5選【気付いたら寝てる】

 

結果を先に言うと、

この本は本当に素晴らしい本です。

 

この本で特に印象に残ったことが

4つ紹介していきます。

 


「集中」に集中する方法①諦める

 

 

どのくらいの間なら集中力は持続するでしょうか。

最新の研究では、十分に鍛えられている人で「120分」とされています。

大人でも子どもでも、イスに座り、同じ姿勢のまま1つの作業に没頭できる時間は、長くて30分といったところです。

 

 

ぼくみたいな本を読むことに

集中してこなかったような人は、

頑張ってもせいぜい

30分程度しか集中力がもたない

という事です。

 

学生時代、

テスト前夜に一生懸命

頭に入れようと勉強しても、

  • 途中で横になってしまう
  • 携帯をいじり始める
  • ぼーっとしてしまう

という状態になるのは、

こういう理由からでした。

 

開始から割と早い段階でクタクタでも

無理して続けようとするから

こうなるんですね。

 

長時間集中するのは無理で、

短時間集中を繰り返して成果を得ましょう、

ということです。

 

集中に集中する方法②モノを置かない

 

 

私の勉強部屋や、仕事部屋にあるのは、テーブルと本だけ。

仕事や勉強に関係のないモノは、一切持たないようにしています。

すると、その何もなさが”強制力”となり、その部屋で唯一できることに対して集中するようになるのです。

 

 

ミニマリストの考え方ですね。

 

余計なものが無いから、

やりたいことに集中できる。

大切な考え方です。

 

モノを減らすメリットや方法については

このブログで散々語ってますので、

宜しければ見てみて下さい。

 

関連記事:【断捨離企画】モノ100コ捨ててみた

 

集中に集中する方法③立つ

 

 

立っているときは、座っているときに比べて認知能力や集中力、判断力も大きく上昇することが研究で明らかになっています。

 

 

スタンディングの長所は、立ったまま作業ができること。

座っている状態よりも自然に姿勢も良くなり、また第2の心臓と呼ばれるふくらはぎがよく動くので血流も改善します。

 

 

座るより立っている方が集中できる、

ということですね。

 

DaigGoさん曰く、

最近はステッパーで軽い運動をしながら

本を読んでいるそうです。

 

ぼくも色々と検討していて、

最近では机とイスを捨てました。

 

食事も作業は全て床、

立ってできることは立つ、

を実践していますが、

特に不便さは感じておらず

なんとかなっています。

 

関連記事:【断捨離企画】モノ100コ捨ててみた2nd

 

また、

まだ購入には至ってないですが、

amazonを色々見つつ

  • スタンディングデスク
  • スタンディングチェア
  • ステッパー

の購入を検討しているところです。

 

少し高いですが、

健康と作業効率への投資には

安いと考えられます。

 

集中に集中する方法④習慣化する

 

 

ウィルパワーを節約するには習慣化が一番。

 

 

コツは、判断や決断を減らすこと。

 

 

ウィルパワー前頭葉の体力のようなもので、

格闘ゲームのキャラクターでいうとこの、

HPみたいなものです。

 

集中力はこのウィルパワーを消費しますが、

1日過ごす中で無駄な作業や細かい作業、

余計な感情などが起きても

消費してしまうとのことです。

 

このウィルパワーを極力減らさずに

やりたいことに集中出来るようにするには、

判断や決断を極力無くし

ウィルパワーを維持していこう、

ということです。

 

ミニマリストは

  • 私服の制服化
  • 家事の自動化
  • 選択の断捨離

を意識して行動することが多いです。

 

ぼくも普段の生活の中で

余分に感じるものを見つけると、

1つでも多く楽にできる方法はないかを

必死になって探し、行動に移します。

 

その点、ミニマリストの考えは

ウィルパワーを残すことに

もっとも向いているかもしれませんね。

 

 

コメントを残す