雑記

台湾の特徴について予習した

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

先日の会社の人事面談で、

とうとう台湾に行きたい

はっきりと伝えてしまいました。

第一候補ではないんですがね…

 

ただ会社はその辺問答無用ですし、

なかなか希望者のいない海外出向、

また今の部署から一日でも早く

異動を願っているぼくにとっては

行ければこの上ない喜びです。

 

なので今からいつ行けてもいいように

予め台湾のことを勉強して、

早めに備えておこうと思います。

 

台湾が好きな人も多いでしょうが

ぼくは何も知らないので…

(中国の一部なのも最近知りました)

 

参考記事はこちらです。

tabicoffret.com


台湾は国名じゃない!

 

台湾は国の名前ではなく、正しくは中国

国の地形は縦590km、横100km 、

面積は九州くらいです。

言語は漢字。

台湾の水道水は飲めない

 

台湾では水道水が飲めないそうです。

 

ただ街の至るところに

コンビニやスーパーがあって、

ミネラルウォーターを探すのは

大変なことではないようです。

 

ミペットボトルの「ラベル部分」を見て、

中国語で「自來水」と書かれているものは

「水道水」という意味ですので、

なるべく買わないようにするべし。

Volvic(ボルヴィック)や

evian(エビアン)などの

有名なミネラルウォーターを

選ぶと安心でしょう。

 

実際のところ歯磨きやうがい程度なら

大量の水を体内に取り込まないので、

口に含んでも問題がないようです。

 

最初に驚く公共ルール

 

  • 台湾の電車(MRT)・バスでは飲食禁止
  • 公共の場はほとんど禁煙
  • 道路が日本と反対
  • 深夜に女性のタクシー利用は控える
  • 台湾の薬に注意

 

必須な持ち物

 

パスポート

 

有効期間に気をつける(滞在日数以上)。

台湾に入国後に滞在期間を延長して、

その間にパスポートの有効期間が過ぎたら

台湾入国時のパスポートは無効。

 

万が一失くしたら、

再発行の手続きがスムーズになるように、

顔写真ページのコピーを取っておく

スマートフォンで撮影しておくのも有効。

航空券

 

日本パスポート所持者は

ビザなしで90日の滞在OK

 

ただビザを持ってない場合、

入国の際に日本へ帰る航空券か、

他の国へ行く航空券が必要。

予約確認書(ホテルなど)

 

ホテルやオプショナルツアーなどの

予約確認書

ホテルの住所も入国カードに

滞在先を記入する際に必要。

台湾ドルと日本円

 

3泊4日、4泊5日くらいの台湾旅行なら、

現金は数万円持って行けば足りる

クレジットカード

 

大きなレストラン、百貨店、

免税店で使える。

日焼け止め

 

日差しが強い。

日本製を買ってく。

雨傘

 

台北など北部では午前中晴れでも、

午後はいきなり雷雨ということも。

特に6~9月

ほぼ毎日のようにスコールがある。

電源タップ

 

ホテルにはコンセントが豊富にない。

マスク

 

乾燥する。

台北などは車やバイクの数が多く、

空気も汚れている。

ウェットティッシュ

 

飲食店でお手拭きやおしぼりが

出てくることが少ない。

 

夜市での食べ歩きでも使えます。

ティッシュ

 

台湾ではトイレットペーパーの備え付けが

ないことがある。

ガイドブック

 

初心者には地図付きの本が良いです。

「歩く台北」というガイドブックが

役に立ちます。

 

ちなみに飛行機で4時間ほどかかるようですね。

思ったより遠いね。

おすすめスポット

 

中正紀念堂

 

「中正」とは、

中華民国初代総統の「蒋介石」のこと。

中正紀念堂は1975年に死去した蒋介石への

哀悼の意を込めて建てられた。

とにかく敷地が広い。25万平方メートル。

日本統治時代の軍用地跡地。

鼎泰豊(ディンタイフォン)本店

 

ガイドブックに必ず大きく載っている、

世界中に店舗がある小籠包の有名店。

本店はどこよりも豚肉の鮮度が違い、

一番おいしい。

きざみ生姜を添えるのがここの食べ方。

 

台北101は展望台から

景色を一望できるランドマーク。

鼎泰豊があるのは、

フードコートがある地下1階。

メニューは日本語で書いてあり、

注文が楽。

 

味は

ノーマル・蟹みそ・鶏肉・

ヘチマとえび・トリュフ。

饒河街夜市(じょうががいよいち)

 

一番のオススメは

「胡椒餅(こしょうもち)」。

長蛇の列でも並んで買う価値アリ。

 

特大のタピオカミルクティーは

安くてお得。

日本円で150円1リットルくらい。

野柳(やりゅう)地質公園

 

台北からバスで約1時間半。

海岸から突き出た岬に

数々の奇岩が点在する、

自然が作り出した絶景観光スポット。

 

奇岩の中でも「女王の頭」が有名。

十分(じゅうふん)で天燈上げ

 

ローカル線の線路で天燈上げが有名。

九フン散策

 

台湾一の観光地。

とにかく人多い。

士林夜市(しりんよいち)

 

台北一の夜市。

 

食べ物以外にも土産屋、雑貨屋、

ゲームなどの屋台。

台北101

 

入場チケットは自動販売機で。

クレジット決済も簡単。

カード通して暗証番号入れるだけ。

世界一の高速エレベーターで89階へ。

 

國父紀念館や建設中のドーム、

松山空港や

圓山大飯店(まるやまだいはんてん)も見える。

屋外展望台は地上91階390メートル地点。

 

市内の移動はタクシーが便利。

國父紀念館

 

「國父」は孫文のこと。

國父紀念館は國父(孫文)を讃えるために

孫文の生誕100年を記念して建設された。

館内には孫文の生涯をまとめた展示。

 

公園自体は市民の憩いの場。

ここは台北101を撮るベストスポット。

ICE MONSTER

 

かき氷の有名店。

マンゴーかき氷は5~7月がおすすめ。

清真中国牛肉館

 

看板メニュー牛肉麺は安定の味。

京醤牛肉絲

(牛肉を細長く切って炒めてあるもの)を

斤餅(ちんぴん)というモチモチの生地で

巻いて食べる。

牛肉蒸餃は肉汁溢れる蒸しギョーザ。

牛のスープと煮込んだ牛筋が美味。

MRT初体験

 

券売機でトークン切符を購入して乗る。

紙の切符ではなく

コインみたいなのが出てくる。

コインにICチップが埋め込まれていて、

改札入口でかざす。

改札出口でコイン入れみたいなとこに

入れるだけでOK。

淡水でサンセット

 

淡水は川沿いの遊歩道を散策できる。

お店もいっぱいある。

異国情緒のある建物もあり、

路地裏にもいろんなお店がある。

淡水には

日の入りに合わせて行くのがオススメ。

金品茶楼(きんぴんちゃろう)

 

有名店。

予約しなくても普通に入れる。

三峡老街

 

牛角クロワッサンと冬瓜茶が名物。

クロワッサンとメロンパンが

合体したようなやつ。

冬瓜茶(ジュース)もうまい。

終わりに

 

おそらくぼくが行く時は旅行ではないので

全ての私物を持っていきますが、

有名なスポットや食べ物は

とても参考になりました。

 

台湾と言ったら本当に

「安くて美味しい」のイメージですね。

 

いつ異動が決まるかは分かりませんが、

楽しみに待っていたいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です