雑記

香川転勤してすぐうどん食べたら最低な店だった話

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

香川に転勤して1年が経ちます。

ミニマリストになったのも、

糖質制限をしたのも、

読書するようになったのも、

そしてこのブログを書くようになったのも、

全てこっちに来てから始めたことです。

大きな生活の変化です。

 

まず香川と言ったらうどんです。

当然本場を食べに行きますよね。

 

ただ引っ越しして間もない頃は

家のことや仕事のことでバタバタしていた為、

うどん屋を調べるまで手が回っておらず、

 

その結果適当に選んだうどん屋さんに入って

大爆死してしまったんですね。

 

今回はそのうどん屋での経験談と、

そこから学んだことについて書いていきます。


最悪なうどん屋

 

ぼくが香川へ来て初めて行った

うどん屋について書きます。

もちろん店名や詳細は言わないですが…

うどん屋を選んだ理由

 

そこを選んだ理由が、

  • 大通りに面している
  • 駐車場が広い
  • 大きな看板がある
  • 駐車場が広く、客の車が多い

ということでした。

 

1週間ほど毎日その道を通っていて

いつも車が多く入っていたので、

ここは大丈夫だろうと判断して

特に調べもせずに入りました。

席に着くと…

 

店内は普通。

席は特に案内されなかったので、

そのまま近くの空いてる席へ。

 

すると、テーブルの上には

前の人がこぼしたネギやつゆが散乱。

潔癖のぼくにはたまらないので

ティッシュで速攻拭き取りました。

 

よく見ると信じられないことに

角にはお椀が置いてあって、

子供用?のうどんが入ってました。

 

前の人のお子さんのかな?と思っていると

その店の子供がやってきて、

そのお椀を持っていって

座敷席でテレビを観ながら食べ始めました。

うどんを注文

 

ここでキレる人もいるかもしれませんが、

ぼくは心穏やかなのでまだ全然平気です。

こう見えてぼくはすごく優しいのです^^

 

ベトベトしたメニュー表を指でつまみながら、

店員(子供の母親?)を呼んで注文。

 

ぼくは初めての店に行ったら

基本的には一番オーソドックスなメニューを

頼むことにしていますが、

その時はまだミニマリスト数日目だったので、

注文の楽しさを捨てられていなかったのです。

 

そのため、その店で一番面白そうな

二郎系うどん(仮名)を注文。

写真を見た限り食べられそうだったし、

東京では二郎系をよく食べては

周りをブイブイ言わせてたので、

こんなん余裕だと思って頼みました。

 

すると店員は

「これ食えるん?残したらアカンで?」

と言ってきました。

 

その態度に「ん?」とは思いましたが、

「大丈夫です!食べられますよ〜」

と笑顔で答えました。

 

すると納得がいかないのか、

特にその返答に返事もせずに

厨房に戻っていきました。

 

この時の嫌な予感は的中したのです。

全く違うのが来た

 

汚いテーブルと店の雰囲気の中、

20分くらい(結構待った)待って

やっと着丼。

 

そしてなんと来たのは

写真の倍くらいの量のうどん。

 

なんじゃこりゃ。

ただのうどんの山盛り。

 

目を疑いましたが、

店員は何も言わずにそれをテーブルに置いて、

そそくさと厨房へ。

 

俺にこれを食えと…

肝心の味は?

 

クソまずかった。

色々うどん屋に行った今になっては

もっとわかります。

本当にマズいうどんだった。

うどんにマズいなんてあるのか。

 

一応注文された時に

「食えるん?」なんて言われてるんで、

残したらこっちの落ち度だと感じて

マズくてもちゃんと食おうとしました。

半分で限界

 

量多いしマズイし味も薄いし、

全く進みませんでした。

 

後半からゆっくり食べてると、

厨房から母親がチラチラとこっちを見てくる。

しっかり見てないけど、

睨みを利かせてる感じがすごく伝わる。

 

たくさんの意味で吐きそうでした。

気分は最悪。

なんとか食べたけど

 

何回も戻りそうになりながらも、

着丼してから30分かけてなんとか完食。

あとの20分はほんとに一口一口が遅かった。

 

やっと地獄から解放されると思って

すぐに席を立ってレジへ。

母親がそそくさに来てレジ対応。

 

すると、

「食べれた?」との一言が

(冗談めかした感じじゃなく迷惑そうに)

わ「…食べましたよ?」

母「辛かったでしょ?」

わ「まあ多かったですね」

母「だから言ったじゃん???」

 

支払いをすると

いつもはご馳走さまですを言うぼくですが、

この時だけはあえて言いませんでした。

ほんと最悪だった。

事前調査は大事

 

この経験からぼくは、

どこへ行くにも必ずネットで

事前に調べてからにしています。

 

ネットは正しい情報かどうかが

分からない怖さもありますが、

レビューが数十件あれば一番多いコメントを

参考にします。

 

マイナーすぎて何も情報が無いようなところは

地雷臭がして怖いので行きません。

 

情報が無く選択しなければいけない場合は、

全てハズレなものだと覚悟してから挑みます。

 

ぼくはこの3通りで

行動を自動的に分別します。

経験から学んだことですね。

慌てるくらいなら行かない

 

上に挙げたハズレうどん屋の時のように、

  • 時間がない
  • 面倒くさい
  • こだわりがない

という理由で行く場所を

適当に選ばなければいけないくらいなら、

初めからもう行かないようにしています。

 

出掛ける場合でなくとも、

自分に選択肢がいくつか出た場合には

しっかり調べるか、選ばないかです。

 

時間がなくてどうしようもない場合は、

初めから失敗を覚悟します。

 

これが頭の中で自動的に選別されます。

終わりに

 

香川のうどん屋さんでこんな酷い目に会うのは

本当にごくごく一部です。

このお店のあと色んなうどん屋を巡った

ぼくが保証します。

うどんは旨い。

 

皆さんは旅行先や転勤先などで

こんなクソ飲食店に出会わないように、

事前に情報を入手して欲しいものです。

 

良いサービスを受けよう!

 

POSTED COMMENT

  1. rupannzasann より:

    美味しくないけど、立地の良さで持っているんですかね。香川に美味しくないうどん屋があるんですね

  2. sugisakisanpass より:

    ルパン座3さん
    コメントありがとうございます!
    立地はめちゃくちゃいいので、
    それが一番の集客になってるかと。
    常連も居る感じがしますが…おかしいです。
    その県の名物でもダメな所はダメなので、
    調べることは大事だなってなりました!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です