糖質制限

秋冬の糖質制限どうする?

 

どうも、わん (@minimaldisciple) です。

 

一応まだ糖質制限を続けています。

目標の-58kgをクリアして、

1ヶ月くらい経ちました。

 

ただ単に

  • 急に辞めたら一気に戻りそう
  • 美味しいもの食べてどれくらい戻るか試す
  • 別にそんな苦じゃない

という理由で、

目標もなく未だダラダラと続けています。

 

季節は秋。

この夏は夜飯で鶏モモ肉ばかり焼いて

味付けパパッとして食らいつく日々でしたが、

秋、そこから冬と、

食事をどうしてこうかと悩み中です。

 

そこで今回は、

去年の年末ごろの振り返りから

ネット記事を参考に調べるまで、

冬の糖質制限をどうするか

色々と考えていきます。

 


鍋が最適すぎる

 

去年はかなりお世話になったんですが、

ズバリ、冬の鍋は最強です。

 

以下、理由です。

材料が低糖質なものばかり

 

皆さんは鍋に何を入れて

食べてるでしょうか。

 

ぼくが今すぐ思い浮かぶのは

  • 豆腐
  • 白菜
  • きのこ類
  • 鱈(たら)
  • キムチ
  • 鶏肉

です。

見てみると、

どれも糖質が少ないんですね。

 

キムチは食べ過ぎるとダメですが、

そのまま味付けが出来るので

味を変えたりするのにとても強い味方です。

 

味付けが自由自在

 

スーパーに行くと

数えられないほどのスープの素があります。

つまり、それだけ味が豊富ということです。

 

これが出来ると、

最悪毎日鍋でもいけます。

具材も変えられるので飽きません。

 

また上で挙げたキムチも

強い味方です。

味を大きく変えてキムチ自体も美味いという

文句なしの食材です。

 

まだまだ探せば結構出てくるはずなので、

今年の冬は色々買い漁ってみます。

 

カロリーは関係ない

 

寒くなると温かいものを

食べたくなると思いますが、

それと同じように

カロリーの高い食べ物を欲します。

 

ただ糖質制限では

カロリーは一切関係がないので、

いくらでも摂ることが出来ます。

(糖質は抑えてね)

 

むしろ今まで糖質を多くとっていた人は

冷え性の症状が改善するとも言われています。

 

筋肉をつくるタンパク質や

血糖値を下げない脂質をしっかり摂ることで、

エネルギー不足から起こる冷え性を

防いでいきましょう。

 

鍋の注意点

 

普通に鍋をやれば良い訳ではありません。

以下の点に注意しましょう。

〆の食事を摂らない

何を隠そう、

ぼくが半年で5kgも太った理由は、

〆のご飯を食いまくったからです。

 

玄米やうどんを突っ込んで、

キムチや濃い味のつく調味料をドバドバ入れて

貪るように食べていました。

 

さすがにもうやりませんが、

たまには…という形で食べそうになるので

調子に乗らないようにします。

 

今もう既に食べたいんだけどね。

 

タンパク質や脂質をしっかり摂る

 

噛みごたえのインパクトが少ないので、

脳が食べてないと勘違いします。

 

野菜ばかりだと健康にも良いと思われますが、

しっかり噛みごたえのある鶏肉やきのこ類、

豆腐などもどんどん食べましょう

 

野菜自体もかなり大量にツッコんで、

積極的に食べていきます。

 

結構食ったな、くらいで

ちょうど良いと思いますよ。

 

食物繊維を摂る

 

糖質制限をすると、

水溶性の食物繊維が不足しがちです。

 

上でも挙げましたが、

野菜は食物繊維が豊富ですので

積極的に摂取しましょう。

 

腸内清掃にも役立ちます。

 

魚や豆類を摂る

 

タンパク質は肉から摂ることが出来ますが、

今回食材のメインに挙げていない理由が

悪玉コレステロールに繋がりやすいからです。

 

飽和脂肪酸を多く含んでいるので、

タンパク質はタンパク質でも

あまり身体に良いものではありません。

 

同じタンパク質でも

上で挙げた豆腐や魚などは

比較的良質なタンパク質が摂取出来ます

 

不飽和脂肪酸を多く含み

善玉コレステロールが増えますので、

積極的に摂取しましょう。

 

最後に

 

冬になると

  • 鍋食いすぎたー!太った!
  • モチ5個も食っちったよ…!

など、

比較的太りやすいものをいっぱい食べた自慢が

各地域で勃発するかと思います。

 

そんな奴らには逆に、

「野菜めっちゃ食っちゃったよー!」

とでも自慢してやりましょう。

 

なんとも言えない空気になり、

その話題は終わるはずです。

 

鍋は最強の料理です。

  • うまい
  • 身体に良い
  • 作るのが楽
  • 無限のレシピ
  • 温かい

これだけメリットがあるのです。

 

家族や友達、恋人がいる方は

ぜひ鍋を囲って幸せな時間を過ごして下さい。

 

ぼくは周りに友達が居ないので、

1人で幸せになりたいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です